高水三山、棒ノ嶺 縦走

12月15日、高水三山と棒ノ嶺をトレイルランニングしてきた。

高水三山は奥多摩入門のハイキングコースとして知られているが、これまで何度となく奥多摩山域に通ったのに登る機会がなく、ようやく実現できた。

コース往路は、JR青梅線御岳駅~惣岳山~岩茸石山~黒山~棒ノ嶺へ。
復路は、棒ノ嶺~黒山~岩茸石山~高水山~JR青梅線軍畑駅。
距離にして18.6km。
山と高原地図では、9時間10分のコースタイムに対して5時間4分でした。
高水三山
高水三山とは高水山、岩茸石山、惣岳山を指し、奥多摩の御岳渓谷の北側に位置する。高水山と惣岳山の山頂には、それぞれ常福院、青渭神社奥の院があり、古くからの信仰の山だ。どれも800mに満たない山であるが適度にアップダウンがあり、駅からのアクセスも良く、展望も良いためハイカーに人気がある。
写真は高水山山頂にある荘厳な常福院不動堂。東京都の重要文化財。
P1020989
棒ノ嶺は、別名を棒ノ折山。東京と埼玉の境にある標高969mの山。広々とした山頂を持ち、奥武蔵の山々、関東平野の展望が広がる。
P1020983P1020986冬期の澄んだ空気のなか、山頂から遠く関東一円まで見通すことができ、清々しい気分になれた。展望の良い山に登ると心から晴れやかな気持ちになれる。これが味わいたくて、山にきているといっても過言でもない。これも数多くある山の魅力の一つである。1000mに満たない低山であっても、その魅力は変わることはない。
P1020977
澄みきった青空のもと、トレイルランニングですっきり出来た一日でした!