笠取山・唐松尾山・和名倉山縦走

こんにちは。10月2回目の山行は奥秩父。
多摩川水源域の笠取山、唐松尾山と和名倉山を日帰り縦走してきた。

標高1310mの作場平橋の無料駐車場を起点に、一休坂分岐~笠取小屋~笠取山(1953m)~唐松尾山(2109m)~西御殿岩~山ノ神土~東仙波(2003m)~和名倉山(2036m)~東仙波~山ノ神土~牛王院平~七ッ石尾根~牛王院下~三ノ瀬~作場平へ。約28kmの周回コース。山と高原地図の参考タイムは約17時間。自分の走力で約9時間。
P1030603
まずは、笠取山。山頂周辺からは冠雪した富士山をはじめとした遠望が楽しめる。奥秩父主稜の幾重にも重なる山並みを愛でる。富士山の左手の大きな山塊は大菩薩嶺。

笠取山山頂下にある水干(みずひ)という多摩川の一滴が始まる所に立ち寄る。ここから滴る水の雫は一之瀬川、丹波川と名前を変え、奥多摩湖に注ぎ、最後に多摩川と名前を変え、138kmもの長い旅を経て東京湾に注ぐ。

展望のない唐松尾山を下り、西御殿岩に立ち寄る。ここでは360度の絶景が独り占めできた。

山ノ神土から和名倉山を目指して北上する。コースが不明瞭な箇所がいくつかあるが、赤テープを慎重に探しながら進む。危険な箇所はないが、集中力が試され、ドキドキさせられる。山奥深く、ひと気がなくて不気味な感じさえする。山頂は展望はなく、苔むした樹林帯の中。小休止後、来た道を、山ノ神土まで戻る。P1030625
高原状の牛王院平からの七ツ石尾根は樹林帯の走りやすいトレイル。美しい紅葉の中、テンションも高く、牛王院下まで一気に下る。牛王院下から三ノ瀬までは林道走。三ノ瀬から舗装路を作場平の駐車場まで戻った。

週末にも関わらず、出会うハイカーも予想以上に少なく、ほぼ貸し切り状態の山行だった。タイミングが良かっただけかもしれないが・・・。お陰で静かな奥秩父のトレイルをたっぷりと満喫できた!


上信越の深い山 白砂山

こんにちは。10月某日、野反湖を訪れ、白砂山に登ってきた。

野反湖は、上信越国立公園に位置し、周囲12km、標高1513mのダム湖。2000m級の山々に囲まれていて、もともと湿原であったこともありシラネアオイ、レンゲツツジ、ノゾリキスゲの大群落があるなど高山植物の宝庫でもある。10年ほど前、たしかBE‐Pal誌で本当に気持ちいいキャンプ場で日本一にも選ばれたこともある野反湖キャンプ場もある。本当に素敵な場所なんです。

白砂山は、長野県・新潟県・群馬県の三県境、いわゆる上信越の国境にそびえる山。野反湖からは、前衛山に隠れてその姿は見ることはできない深い山です。野反湖ができて登山道が整備され登る人も多くなったようだが、かつては訪れる人も少なく秘峰だったのであろう。標高は2140m。日本二百名山のひとつに数えられる。

当初は野反湖の周りを取り囲む2000m級の山々をぐるーっと一周するプランを完遂するつもりだった。具体的には、野反峠を起点に八間山~白砂山~堂岩山~地蔵山~野反湖ビジターセンター~三壁山~高沢山~エビ山~弁天山を周り、野反峠を終点とする周回コース。実際は、野反湖ビジターセンターからの後半の部分は西側の遊歩道をショー トカット。結果として、コース距離は18.5km。コースタイムはゆっくり走って、歩いて5時間だった。

簡単に山行記を記しておきたい。道中、仮眠を取りながら、深夜のロングドライブ。早朝に野反峠に着いた。辺り一面、ガスに覆われて、眺望は全くなく。落胆させられる。一瞬、マジで引き返そうかと思った。折角だからと、何にも期待もせず、八間山登山口に向かう。この登山口は野反湖で最もポピュラーな登山コース。登り初めて徐々に高度をあげ、振り返ると、雲海に浮かぶ山々が見え、感嘆する。左から浅間山、右手は草津白根山。
P1030563八間山を越え、明るく開けた稜線上の笹原を進む。トレイルは整備されていて、歩きやすい。気持ちよく、稜線を歩く。もちろん走れるところは走る。稜線上から見る白砂山の雄姿。さすがは二百名山。貫禄がある。
P1030566堂岩山の分岐を白砂山へ。猟師ノ沢ノ頭などの小ピークを昇り降りしつつ、大展望の稜線をたっぷりと満喫した。最後の急登を喘ぎながら登りきるw。ここがやっと頂上かと思いきや、あれっ?ニセピーク?これを3回ほど繰り返し、ようやく、白砂山山項に着く。
白砂山頂
白砂山の山頂は360度の大展望で、上信越国境からの眺望を心ゆくまで楽しんだ。

ハイライトはここまで。白砂山山頂からは、来た道を堂岩分岐まで戻り、堂岩山~地蔵峠と樹林帯のトレイルを経て、白砂山登山口に到着。舗装路をダムサイトへ向かい、野反湖ビジターセンターに着く。当初プランではここから三壁山へ登り返し、高沢山~エビ山~弁天山を縦走しようと思っていたが、体調と相談の上、野反湖西側の遊歩道を行くショー トカットを選択。ここからは、6月に開催されたSPA TRAILのコースそのもの。5kmほどのほぼフラットな遊歩道を余韻を楽しみながら野反峠に戻った。野反湖
残念ながら、紅葉の見頃は過ぎてしまったが、稜線上から見るスカイビューの素晴らしさは筆舌に尽くしがたいものがあった。次は、7月のノゾリキスゲの大群生の開花の時期に野反湖を再訪したい。