いたばしリバーサイドハーフマラソン

12月7日、第8回いたばしリバーサイドハーフマラソン大会に出てきた。
__ (16)

今の自分の走力はどれくらいなのだろうか?一年の締めくくりとして、ハーフマラソンのタイムという絶対値で走力を測ってみたい。そんな純粋な気持ちでエントリーした。トレイルランニングのレースの結果は、走力だけでなく、体調、メンタル、ペース配分、補給、天候、気温など、様々な要素の影響が大きくて、自分の走力が分かりにくい。その点、ハーフやフルマラソンなどのロードレースはこれらの影響はトレイルランニングほど大きくはない。数値で走力を測るには正にうってつけだと思う。

2014年はすでにフルを2回走っているけれど、実は、今回が人生初のハーフマラソン。10kmやハーフの大会などを段階的に経験してからフルを走るのが王道なのかもしれないが、私の場合は順番が逆でした。

で、いたばしリバーサイドハーフマラソン。板橋区陸上競技協会が主催を務めるため、名称から硬派なイメージを持っていたが、真面目に走りに向き合っているランナーが多かったように感じられ好感が持てた。5kmとハーフの部があり、エントリー人数は合計4000名。競技人数も程よくコンパクトで、都内とは言え、なんとなくローカル感もあり、とても居心地のよい大会だった。コースは、荒川の河川敷を走るためほぼフラット。もちろん日本陸連の公認コース。

レースの戦略は、前半抑えて後半にペースを上げる、いわゆるネガティブスプリット。ほぼ想定したペースで走れ、ネットタイムは1時間39分36秒。グロスでは1時間40分10秒。正直言えば、正式記録となるグロスタイムで100分を切りたかった。でもネットタイムで100分切りができたことは、これまでの努力が無駄ではなく、着実に走力アップに繋がっていることを実感できた。一年の締めくくりとしては満足できる記録だったかな。これで、フルでの3.5時間切りの目標達成が射程に入ってきた。私は来年には50歳になる。年を重ねれば当然ながら、肉体は衰えるものであるが、努力次第ではまだまだ走力は伸びると信じてさらに精進しようと思う。