黒部川源流域ファストパッキング

2017年8月某日、ファストパッキング・スタイルで立山の室堂~薬師岳~黒部五郎岳~三俣蓮華岳~新穂高温泉までの50㎞のコースを2泊3日で縦走してきた。これは北アルプス最深部の黒部川源流域を辿る旅であり、日本一過酷な山岳レース、「トランスジャパンアルプスレース」のコースの一部を体験する旅でもあった。 
IMG_3035
IMG_3048
今回は男性3名、女性1名のグループ山行。グループには縦走経験が浅い者もいるが、全員が70〜100km超のトレイルレースの完走者。脚力には多少の自信はあったが、連日の睡眠不足のなか10時間を超える縦走と慣れない荷物の重さが響き、予定していたコースを辿れず仕舞い。調子が良ければ三俣蓮華岳から槍ヶ岳の山頂を踏んで新穂高温泉に降りるプランを目論んでいたが、短縮コースになった。
IMG_3067
IMG_2996コースは短くなったけど、山行の魅力はてんこ盛りで、刻一刻と変わる神々しい山岳景観にただただ驚嘆の声しか出なかった。今回初めて北アルプスを縦走した同行者が発した「一生忘れることはない」という言葉に尽きる。私自身、縦走は実に久しぶりだった。終始テンションは上がりっぱなしで、純粋に山が好きだったんだと再認識した。ストイックにレースに打ち込んできたことは、それはそれで充実した日々を過していたが、レースから少しだけ距離を置いて、また山に向き合ってみたいという気持が強くなった。それくらい刺激的な体験だった。
IMG_3065IMG_3001
備忘録として
Day0  22:30 竹橋発。毎日あるぺん号に乗車、車中泊
Day1  7:00 室堂着。7:30 室堂発~獅子岳~ザラ峠~五色ヶ原~鳶山~越中沢岳~スゴ乗越~17:30 夕方からの雨のためスゴ乗越小屋泊(素泊まり)
Day2  3:00 スゴ乗越小屋発~間山~北薬師岳~薬師岳~薬師峠~太郎兵衛平~太郎山~北ノ俣岳~黒部五郎岳~黒部五郎カール~16:00 黒部五郎小舎泊(テン泊)、夜間雨
Day3  0:00 小雨の中、黒部五郎小舎発~三俣蓮華岳~巻道ルート~双六小屋~鏡平~わさび平小屋〜9:30 新穂高温泉着~奥飛騨の湯~平湯温泉~(バス)~松本駅~(JR)~新宿駅
総距離49.94㎞、累積標高差3,453m、活動時間33時間35分、ほぼコースタイム通り。


燕岳 残雪の北アルプス

2015.5.17 (SUN)
残雪の北アルプスを見たくなって燕岳に行ってきた!

IMG_0152

いうまでもなく、燕岳(標高2763m)は北アルプス表銀座縦走コースの起点となる山である。花崗岩の奇岩が乱立する山頂からの展望は超一級品でもある。

最高の天気に、最高の眺望!ホントに最高でした!稜線を見ていて、この雄大な北アルプスを、何日もかけて縦走してみたいと思った。今年の夏の目標がまたひとつできてしまった。

定番のイルカ岩と槍ヶ岳、笠ヶ岳。
IMG_0131   

表銀座縦走コースの大天井岳、槍ヶ岳。穂高連峰まで見える。
IMG_0148

燕山荘前からの裏銀座縦走コースの連なる主稜。
IMG_0125

残念ながら、写真ではこの雄大さは伝えきれない。ネットとか便利なものがあり、だれでもバーチャル体験はできるが、リアルに勝るものはない。わざわざ時間を掛けて見にいくにふさわしいものがここにはあり、わざわざ時間を掛けて見に行くから、感動もあるんだと思う。中房温泉から登る場合は、北アルプス三大急坂の合戦尾根という標高差約1300mの苦難を乗り越えるからこそ、感動もひとしおだった。この夏、再び北アルプスに来ると心に誓い、残雪の北アルプスの姿をこの目に焼き付けた。