FunTrails Round 名栗トレイルランレースお手伝い

久しぶりのブログ更新です。(更新の仕方を忘れてました)

昨年秋ぐらいからず〜っと忙しく仕事に従事していました。
ご依頼が多い事はとてもありがたいことです。

さてそんな中少しだけ大会のお手伝いなんかもさせていただいております。

4月24日に行われた埼玉県飯能市名栗での大会
FunTrails Round 名栗トレイルランレース

こちらの大会のロゴデザインを担当させていただきました。
当初の打ち合わせで大会の具体的なイメージが湧かないな〜という感じでしたが
私の何となくの思いつきで

名栗→ナグリ→殴り

てことで厳しいトレイルコースに向かって殴り込む気合いでという意味で
奥宮選手にロッキーオマージュの気合いの入ったポーズを撮影して送ってもらいました。
(ダメ出し数回を経て)

と言う感じでなかなか力強い感じになったでしょうか。
このロゴの入ったTシャツは賛否あるかなと思いましたが奥宮プロからも
「参加者の皆さんから好評でした」という言葉をいただいたのでホッとしています。naguri01

さてレースの当日私はマーシャルランナーを担当する事になりました。レースはおろかトレイルに入るのもずいぶん久しぶりでしたが、なんとか任務を全うする事ができました。

レースの後は近くの「さわらびの湯に」入れるのでサッパリできていいですね。

というわけで久しぶりに大会に参加(選手ではありませんが)してみましたが、
やっぱりトレイルランニング楽しいですね。

最近はより速いスピードと、より長い距離で強度が増しているトレイルランニングの大会が増えていますが
25kmで400人弱の参加者のこの大会の距離感と規模がとてもいいなと思いました。

ちょっと心がトレイルランニングから遠ざかっていましたが、楽しさを再確認させてくれたこの
「FunTrails Round 名栗トレイルランレース」に感謝したいと思います。

スタッフ、ボランティア、大会関係者の皆様お疲れ様でした。
また来年よりいい大会になりますように。

以下写真を交えながら振り返ってみます。

大会のゲートスタート前は本降りでしたが大会前に雨がほぼ上がりました

大会のゲートスタート前は本降りでしたが大会前に雨がほぼ上がりました

スタート前のブリーフィング

スタート前のブリーフィング

主催者の人柄がにじみ出た手書きのコース説明

主催者の人柄がにじみ出た手書きのコース説明

25kmという距離ながらなかなか手強いコースでした

25kmという距離ながらなかなか手強いコースでした

北根室ランチウエイを一緒に盛り上げる準さんと再開 京都からはるばるお疲れ様です

北根室ランチウエイを一緒に盛り上げる準さんと再開
京都からはるばるお疲れ様です

スタート前

スタート前

まずは湖畔沿いのロードを4.5kmほど

まずは湖畔沿いのロードを4.5kmほど

マーシャルなのでこれで本部との連絡を取ります

マーシャルなのでこれで本部との連絡を取ります

トレイルに入っていきなりの急登

トレイルに入っていきなりの急登

渓流沿いの岩場なかなか手強いです

渓流沿いの岩場なかなか手強いです

登りきったところで奥宮プロの選手激励

登りきったところで奥宮プロの選手激励

急遽設けられた特別エイド(A0エイド)の美女達

急遽設けられた特別エイド(A0エイド)の美女スタッフ達

標高1,,356mまで上がりますが稜線は霧が凄く幻想的でした

標高1,,356mまで上がりますが稜線は霧が凄く幻想的でした

霧の中で今年最後の花見(桜)

霧の中で今年最後の花見(桜)

naguri17

naguri18

ハイカーの方々とも会話しながらすれ違いました

 

 

naguri19

後尾のランナーと古い鳥居をくぐり

6時間半ほどかけてゴールへ(制限時間7時間)

6時間半ほどかけてゴールへ(制限時間7時間)

昨年北根室ランチウエイを走った仲間と1枚

昨年北根室ランチウエイを走った仲間と


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>