おんたけウルトラトレイル100k初完走

OSJおんたけウルトラトレイル100kに参戦してきた。
これは、7月19、20日に、長野県御嶽山麓で行われた100kmのトレイルレース。深夜0時スタート、制限時間20時間のロングレース。制限時間24時間、100マイルのエリート部門もある。私の初100kmトレイルレースでもある。

スタート直前は、自分の過去を振り返っていた。衰えた心身を鍛え直したくて2年7ヶ月前に始めたランニング。走力が上がってくるにつれ、もっと長く、もっと厳しくと、自然とロングレース志向が強くなった。気付けば、100km、100マイルレースの完走を目標とするようになった。私は何処まで行けるんだろうか?過酷な展開が待ち構えているだろうか?期待と不安でドキドキしていた。エクストリームな非日常の世界がロングレースにはある。日常生活の様々な物事から逃れ、新たな刺激を心の底から求めているのかもしれない。エクストリームな場所に自らを置くということ自体、ワクワク、ドキドキする。

今回の作戦はひとつだけ。33km地点の第1関門までは抑えて走ること。私の所属するチーム ランオアダイのランブラー氏から事前にひとつのアドバイスを受けていた。
「第1関門までノーダメージで行けたなら完走はできる」と。
アドバイス通りに序盤は抑えた展開を意識した。第1関門には5時間1分49秒で到着。自分なりには抑えたつもりだがノーダメージではなかった。ガレたコースに脚を酷使させられ、右膝に違和感があった。

第1関門以降は苦しい展開が待ち構えていた。右膝の痛みはさらに増し、余りの痛みに下りがまともに走れなくなった。ロキソニンも効かない。まだ、60km以上もある。このまま痛みに耐えながら歩き続けるのか。リタイアするかと何度も自問した。自ら下した結論は行ける所までは行く。前進あるのみ。

レース中に、痛くない、痛くない、と何度も唱えた。音楽の力も借りて、気を紛らわせた。時々激痛で立ち止まり、ストレッチ。足をつねったり、叩いたりもした。こうやって痛みを何とかやり過ごし、少しずつ前に進む。
デジャブな風景、トレイルが何度も繰り返され、心が折れそうになる。代わり映えのない風景の中、展望が開ける箇所もある。
林道 (2)
湖
65km地点の第2関門には、10時間1分58秒に到着。ここでドロップバッグを受け取ることができる。Tシャツとソックスを着替える。これだけでもだいぶ気分転換できる。預けたストックをここから投入。これで下りでは膝の負担を軽くし、上りでは推進力を得る。でも82km地点の第3関門までの下りは足を休めるために歩いた。時折ある天然エイドで頭から水をかぶりリフレッシュする。
てんねん

第3関門は13時間20分12秒に通過。このエイドではソーメンが提供された。ここまでジェルやらバナナやら甘いものを補給し続けてきたので、ソーメンの汁のしょっぱい味が最高に美味い。私設エイドでサーブされた予想外のコーラに感激。

ゴールまでは残り18km。上り、下り、上りと繰り返す。残り10kmほどとなり、後は下りだけとなった。ゴールまでの残りの下りは全て走ろうと決めていた。下りを走り始めた矢先、今度は左の足底が痛み出した。右膝をかばう様に走っていたせいであろう。やはりロングレースはいつも何かが起こる。いつも順調にはいかない。それは人生と一緒かもしれない。ここでも痛くない、痛くないと唱え、自己暗示を掛ける。ゴールまでもう少しという気持ちの高ぶりもあり、不思議と走りに集中できる。痛みなんかに構ってはいられない。94kmの小エイドはスルーする。あと6kmほどで辛いレースが終わる。正直、100kmは長かった。もう走らなくていいんだと思ったら自然と涙が出てきた。こういった感動があるのがウルトラの醍醐味なのかもしれない。
会場の屋根が見えた。ゴールまでの最後の坂が辛い。最後のフィニッシュだけは走りきったというポジティブなイメージで終わりたい。最後の脚力を振り絞り、ラストスパート。フィニッシュを迎えた。
フィニッシュタイムは16時間32分18秒。完走763名中、536位。
ゴール
初の100kmトレイルレースは、膝と足底の痛みと戦うレースとなった。痛みに耐えながらも、それを何とかやり過ごすことができた点は良い経験となった。タイム云々よりも痛みに耐え、初めて完走できたこと、自己に打ち勝てたことが何よりも嬉しい。会心のレースとは程遠い結果だったけど、苦しくも楽しいと思えるレースでした。鍛えなおして、また、おんたけに挑戦しに来ます!ありがとうございました!