期限付きの夢サブ3

ランニングを始めたころに抱いた2つの夢がある。

それは100マイルのウルトラトレイル完走とフルマラソンでサブ3を遂げることだ。
前者は2015年に夢を果たした。残るは後者のみ。

 夢を夢のままにしておくか、それとも、夢を期限付きの目標にして実現させるかどうかは自分次第。何かをいつかはやりたいと思っていても実際に実現させる人は限られているんではないだろうか。いつかやろう、いつかやろうと期限も決めずにどんどんと先延しにはしたくない。いま行動を起こさなければ、加齢により達成の難易度は日に日に高くなっていく。50代中老の私にはそんなに時間は残されていない。夢や希望に溢れた20代、30代とは違って、40代、50代ともなると持つべきものは夢ではなく目標。そして、目標を達成するために必要なものは明確で綿密な計画。

 私のフルマラソンのPBは3時間25分台。2016年3月の記録。サブ3には25分の開きがある。一度にこの差を詰めるのは容易ではないだろう。来年3月の“古河はなももマラソン”を本命レースに定めた。まずは、頑張れば手が届きそうな水準に目標を設定した。

目標はサブ315。

PBから約10分の短縮。あまりにも高い目標を設定してしまうと目標と現実の差に怖気づいてしまって、目標にチャレンジする気持ちが失せてしまう。これを避けるための現実的な目標設定。高過ぎず、低過ぎず、適切なラインに目標を設定するのがポイント。着実に一歩一歩、期限付きの夢に近づきたい。