SHOE DOG-NIKE創業者の起業物語

世界的スポーツ関連企業のNIKEが生み出す革新的なデザインや機能を備えたシューズ。そのクールさに魅了された方は多数いるであろう。NIKEを身につけた憧れのアスリートの躍動を目にするたびに、NIKEを身につけた自分もそのアスリートのようになれると錯覚さえ抱かせる。それは一瞬の幻想であって、直ぐに悲しい現実を受け入れなければならないが…NIKEは皆に夢を与えるという魅力を備えているブランドであることは確かだ。

SHOE DOG 靴にすべてを。

IMG_3571

本書はNIKEの創業者、フィル・ナイトが自ら語る波乱に満ちた起業物語。1962年、日本のシューズメーカーであるオニツカの靴をアメリカで販売するビジネスから始まり、資金繰りに困窮しながら、やがて、独自ブランドのNIKEを立ち上げ、1980年に株式上場するまでの過程が赤裸々に綴られている。

ユーモアたっぷりに語られる数々のエピソードには悲壮感はないが、創業当時は試練と困難の連続であったことは想像に難くない。起業するということは、常に綱渡りで崖っ淵で勝負することだ。絶対に必要なことは情熱と行動力、そして想いを共にする仲間たち。運も時には味方にしなければならない。

私が勤める会社で創業者を近くで見てきた経験からフィルが本書で語ることには共感できることが多い。経営者の判断には失敗が数多くて、成功と言えることの方が少ないのではないかと思う。度重なる失敗、それを情熱と挑戦心で乗り越え、何とか生き抜き成長していく。そういった泥臭いことを繰り返したものだけが生き残れる厳しい現実がある。

最終章では、死ぬまでにやっておきたいことをリストアップする中から、NIKEについて語ろうとしたことが綴られている。特に後に続く若者たちへのエールは何度読んでも熱いものが込み上げてくる。

若者は安定志向でチャレンジしなくなったとメディアでも語られることもあるが、それは嘘なんでないかなと私は思う。この日本ではあらゆる年代が保守化しているんではないかと思う時がある。変化を恐れ、失敗を恐れ、チャレンジすることはない。何もしないことが一番安全だと思っているからだ。

起業を目指す者だけでなく、何かに挑戦する者にも勇気と気付きを与えてくれる。そんな本書です。是非読んでみてください。

 


18年走り始めはハイテクハーフ

2018年の初レースは第19回ハイテクハーフマラソン。

これは東京都北区赤羽の新荒川大橋野球場を会場とした荒川河川敷で行われる参加者一万人規模の超マンモスレース。種目はハーフ、3㎞、2㎞ペアがあり、ハーフは多数のランナーの混雑回避のため、上流、下流コースに分かれ、10:00、10:15、10:30のウェーブスタート方式という特徴がある。
IMG_3550

 初レースでの自己ベスト更新を狙うため5㎞までは4分30秒ペースで入り、以降5kmごとに5秒ずつビルドアップして気持ちよくゴールを迎える予定だった。

 1月14日(日)当日の天気は雲一つない快晴。しかし時折、強い北風が吹いていた。今回あらかじめ決まられたコースは下流コース。このコースは17回大会以来2回目であったので気は楽だった。往路は追い風、復路は向かい風になるのか嫌だなあと考えていた。

10時に第1ウェーブのスタート。早めに前の方に並んだため位置取りが良かった。上手くスタート直後の混雑を避けて、1km目からレースペース通り。5km、10kmと想定通りのペース配分。追い風のため、飛ばさず抑え目に入った。10km過ぎの折り返しから向かい風を受ける。追い風の時には感じなかったが、向かい風をきつく感じる。風に逆らって速く走るとはこういうことだ。15kmまでで約30秒の貯金。いいペースだった。風除けになりそうなランナーの後ろに付き、ペースが合わなければ抜いていく。18、19、20km。脚が重くなり、呼吸もきつくなってきた。脇腹が痛くなってきた。ペースが速過ぎるということか。風が強い。登り坂が立ちはだかる。坂を登った後は風が真っ正面から吹き付ける。風をさえぎるものがなく一気にペースが落ちた。20km通過、60秒の借金に転落。自己ベスト更新が遠のく。今回は駄目か。ジ・エンド?なんとか1時間32分台は死守するんだ。最後の1km、全速力でゴールした。

 ネットタイムは1時間32秒46秒。過去の記録を調べてみたらセカンドベストタイムだった。折り返しからの向かい風に負けて、自己ベスト更新未達だったけど、2018年走り始めのレースとしては手ごたえがあった。風向きを読んで、追い風だった前半にもっとペースを上げていれば自己ベスト更新は狙えたかもしれない。当日の風向きを見ながらプランAだけでなく、プランB、Cと準備して臨めば良かった。このあたりの準備不足でした。