いたばしリバーサイドハーフで自己ベスト

12月4日(日)、小春日和の中、いたばしリバーサイドハーフマラソンを走ってきた。

 img_2421

 板橋区荒川河川敷のコースで開催されるこのレース。都営三田線西台駅から徒歩15分と都心から通いやすいこと、平坦で記録が狙いやすいなどの特徴がある。主催が板橋区陸上競技協会と聞くと、硬派なイメージを抱くが、実際、給水所は水のみというストイックさ。私には過度なおもてなしは必要なく、記録会というような大会の雰囲気が気に入って、3年連続で出場している。私にとっては、これを走らないと師走が来た感じがしないほど。トレイルランのシーズンオフからマラソンのシーズンインに切り替えた直後のレース、足試しにちょうどいい。これは私の今年の最終レース。来年3月まで続く、私のマラソンシーズンの開幕戦でもある。いやがうえにもやる気が高まる。

 結果は1時間33分49秒。自己ベストを3分49秒更新。会心の出来だった。

 天候は晴。心配していた風はほとんどない。河川敷には風を遮るものがなく、風の影響をもろに受ける。この上ないコンディションだった。スタート前のトイレ待ちの長蛇の列は相変わらず。戸田橋陸上競技場のトラックで10分程のアップ後、1時間20分以上1時間40分以内の列の後方に並んだ。練習の成果が出ることだけを願ってスタートを待った。

 午前9時45分にスタート。位置取りが悪かった。前が支えて走りにくい。コースの右側に寄るが、水たまりやらロードサイクルが前方から来るわ、走りづらい。1km通過は4’50″。2kmあたりからようやく前後にバラけてきてストレスはなくなった。1km毎に表示があって有り難い。平坦なのでペース維持しやすい。アップした効果がでていなく、呼吸は荒い。注目の入りの5kmは22分46秒、4’33”/kmのペース。目標ペースを上回っていた。後半どうなるか不安がよぎる。ペース維持に注力することにした。目標は4’30”/kmのペース。調子がいいだけに飛び出したい気持ちが湧き上がるが、我慢、我慢。折り返しまでは抑えて、折り返しからペースアップを目論んでいた。7km地点通過、そこでソフトフラスクに入れたジェルを補給。事前に水で薄めているから水無しでも飲みやすい。5-10km区間、22分19秒。4’27”/kmのペース。若干、目標を上回るペースだが呼吸は楽になっていた。

 前方にスカイツリーを見ながらの折り返し地点。勝負するか?冷静に状況を読みながらの自問自答。自己ベスト更新のチャンスだ。勿論、チャレンジでしょ。ギアをもう一段アップ。4’25″/kmのペース。一人また一人と、前から落ちてくるランナーを拾っていく。10-15km区間は22分7秒。4’25”/kmと設定ペースをキッチリ守った。15km地点で残りのジェルを補給。残り6km。4’20″/kmにさらにペースアップ。これまでの練習の成果が出ていることが何よりも嬉しかった。残り5km、4km、3km、2kmとカウントダウン。なかなか距離が減っていかない。1㎞の距離がいつもよりも長く感じる。ゼイゼイ、ゼイゼイと息が大きく乱れている。手が痺れてきた。酸欠の症状だ。15-20km区間、21分43秒、4’20“/km。この区間もキッチリとペースを守れた。残り1km、4’10″/kmまで上げてラストスパート。今、出せるスピードの限界。ゴールゲートが前方に見えている。なかなか近付いてこない。ゴール手前で2名に抜き返された。糞っ!スパートが早過ぎたか?でもこのレースは他人との競争ではない。自分との闘い、自分の目標との闘いだ。全力を振り絞る。息が切れるほどに苦しい。心拍数は今日の最高値。心臓が口から飛び出るんじゃないか?ヒー!これ以上は追い込めないほど追い込んでゴールゲートをくぐった。

 今年の最終レースで有終の美を飾ることができた。このときに得られた満足感こそ、なにものにも代え難い最高の喜びだった。次は、1月29日、茨城県で行われるフルマラソンの勝田全国マラソン。そこでサブ315の成果を確実に手に入れたい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>