瀬上沢ってどこ?

瀬上沢を知ったのは何年前であるか正確には憶えていないが、鎌倉でパタゴニアの環境保護支援活動、Voice Your Choice の展示を見てのことだった。(下記リンク)

http://www.patagonia.com/jp/patagonia.go?assetid=67174#bayside1

横浜市内のホタルの生息地で、自宅マンションの近隣で小さなお子さんをお持ちのお父さんたちは、夏になると子供にホタルを見せようと出かけていくのを見ていたので、「ああ、ここか」と。それが再度、開発が申請され、横浜市から許可が下りればその自然の原型が失われる可能性がある。(写真の一部は、ホタルのふるさと瀬上沢基金のサイトより)

首都圏のトレイルランナーで鎌倉を走る方ならこの風景に見覚えがあるはず。

spot32

港南台から市街地を抜け、消防署手前を右折、最初の登りを終えると、「瀬上池が見えますか?」の看板とともに、瀬上市民の森が眼下に広がる。ここは逆に海から港南台を目指すと、夕刻には赤く染まる富士山が見える富士山ビュースポットでもある。この瀬上の森の西側、上郷地区の開発が、一度は反対運動から横浜市が許可を出さずストップしたものの、最近、再び申請されたとのこと。開発内容は次のリンクへ。

http://www.segamikikin.org/index.html

このブログ記事は開発に賛成、反対という単純な構図を煽るものではありません。地権者、デベロッパーの権利、それぞれの立場もあるでしょう。それでも自分はなにかこの森が削られていくのが寂しい。私が生まれた鎌倉市のすぐお隣、自分のトレイルランニングの原点ともいえる鎌倉のトレイルのすぐ脇、というよりもうその一部と言ってもいいこの緑と水が失われていくのが、とても寂しい。

IMG_83881

一方、最近、三浦~葉山トレイルで、木のベンチが新しくなったり、大和ハウス工業の名前が入った立派な道標を見た方も多いのではないでしょうか?道標が少ない(というか無い)三浦で大変ありがたいのだが、山1つ削って、将来は宅地、商業施設でもつくるのか?と思ったけれども、どうやら違うようです。土地所有者である大和ハウスが森林、里山の利活用を目指して、その活動をサポートするというもの。

https://www.daiwahouse.co.jp/csr/contribution/environment/hayama.html

http://www.forestock.or.jp/forests/daiwahouse/docs/001.pdf

葉山~三浦 森戸川沿い

葉山~三浦 森戸川沿い

 

生前の開高健(だったと思う)が「川ひとつ手つかずで残せんのか」とダムや護岸工事で生態系が大きく変わっていく日本の行政を嘆いたのを記憶している。具体的な解決方法を見いだせずにいる中での直感的な嘆きでもある。今の自分もそうだ。開発デベロッパーや地権者に、大和ハウス工業のような、ノブリスオブリージュ(位高ければ徳高きを要す)的な行動を期待する以外、解決する方法や手段も思いつかない。大和ハウスもCO2削減、オフセットという、利潤とは異なるが具体的な企業原理の下で動いているので、ノブリスオブリージュというのは言い過ぎかもしれませんけれどね。

現代人は谷戸1つ手つかずで残せんのか?

自分にできるとすれば、FBのシェアやブログのスペースに紹介して、トレイルランナーの皆さんに知っていただくことぐらいだろうか。みんなが普段走っているトレイルのすぐ脇でこういったことが起こっているということ、それを少しだけ考えたり、もしかしたらなにか行動できれば、それはとても素敵なことだと思う。

ちょっと真面目な話、書いてみました。

 


チーム100マイル トータスな一年

image (8)

安達太良山 夏合宿

チーム100マイル ラピットに関しては、ランブラーさんがラビット日記を書かれていましたが、ト-タス(通称、亀チ-ム、その合同練習を亀練と呼ぶ)についてネット上にオープンになっている情報は少ないかもしれません。ラビットメンバ-のレベルの高さは言うまでもなく、それゆえ、練習内容を綴った描写も壮絶なものです。では、ト-タスはどうだったのでしょうか?応募を考えている方の参考に簡単に自分の思うところを書いみます。

image (9)

人目をはばからず、ぶっ倒れて青い空を見たのは高校の部活が最後だったよなあ(笑)

練習強度について

もちろんラビットと異なるのがメンバ-の走力レベル。そしてその多様性でもあります。おそらく鏑木さんはトレイル経験が浅くても、資質があると見込んだ人なら選考したのだと思います。自分の走力レベルはト-タスの中でも下位、それでも参加できたのはOSJのセミナ-で後方から粘り強く着いていくのを鏑木さんがみていてくださったのかなと勝手に思っています。練習内容に違いはあるでしょうか?もちろんラビット練習に参加はできないので(幾人かの走力のあるトータスメンバーはラビット練習への参加が許可されましたが)正確な比較はできません。ただ、走力=スピードが異なる分、踏める距離も短くなりますが、分母となる参加者の走力にラビットと差があるわけですから、身体的、精神的に「キツイ」と感じる度合は変わらないのではないかと思います。

image (7)

鏑木さん、そして一緒に走っていただいたトップ選手アキレウスの皆さんも、亀練では笑顔なのは気のせいですか?

リタイア勧告について

ラピット日記に見られる途中でのリタイア勧告は、私の知る限りではありませんが、暗黙の了解として、このセミナ-は「みんなで楽しく走りましょう」というセミナ-ではなく、故障や体調不良でついていけない場合、自分の判断で安全に山を下りることが求められているのだと理解しています。ですから、それぞれ自分の判断でドロップした人は多かったと思います。ただし、自分は最後までついていきたい、走り切りたい、というファイティングポ-ズを取っていれば、仮に少し待たせることがあってもリタイア勧告は受けないと思います。これは私の主観であって運営側では違う考えかもしれませんが、この点はラビットと違うところなのではと思います。

image (6)

座学について

トレーニング理論からレーススケジュールの組み方など、参考になる内容が多かったと思います。トレデジアンを完走したメンバーの報告会もモチベーションをあげるのに有効なものでした。練習後のミーティングの場合、レース前でなければ、ぷしゅ、ぐび、っと音がするのがトータスなのですが、ラビットはちゃんとプロテインを飲んでリカバリーしていたという話しは本当だろうか?超回復リカバリーさせるまでがトレーニング、そこらへんも亀と兎の差なのかもしれません。

  100マイルの光と影

いいことばかりのようですが、気になったことを数点。故障者がでていたこと。チーム100のトレーニングが直接要因ではないかもしれませんが、トータスレベルだと、まだ自分の身体と対話し、ケアできる知識と経験が足りていない。私を含めてその点は反省すべきだと思います。

「120kmから先は別世界」「人間の生理学を超えた神の領域」とメディアが煽るために、これらの言葉が一人歩きしているように思えます。たしかにトップランナーにとってはそうでしょう。トータスのレベルでも120kmから先に起こる、メンタル的、肉体的な自分の変化に対応しなければなりません。ある方がFBでコメントしていたのですが、「100マイルは別世界じゃない、100kmの延長にあるものだよ」と。これには大きく頷きました。トータスにとって100マイルは、しっかりと100kmの延長線上において、その上で大きなチャレンジをしていくものだと思います。さらにいえば、そういったウルトラトレイルの練習は、普段の仕事、家庭といった日常の上に成り立っているものであって、なにか特別な環境にいるひとだけがチャレンジできるものであってもいけないと思っています。ともすれば、前記のメディア言葉に煽られ、不安を感じてオーバートレ-ニングから故障したり、メンタル的にもギスギスしすぎたりと、自分もそうなりかけていたのでよくわかるのです。現在自分はクライミング、縦走といった他の山の楽しみ方を知ることで良いバランスを保っていけると思っています。今年で3本目の100マイルを走り終えて、まだまだまだわからないことだらけでもあるのですが、100マイルとの向き合い方みたいなものは少しわかってきたようです。100マイルを目差す方々にはいずれ考えるときが訪れるはずです。

それでは亀練でお会いしましょう。


防府読売 トレイルランナー的 3:30マラソン考

防府読売、走ってきました。

ガチですよ、そこの奥さん。

image

ランシャツはインですよ、イン! 男も女も!

image

山口県まで遠征?わずか42k たった3時間半のために?いえいえ、フルマラソンは年に1本走りたいけれど、あの総統閣下も激怒したクリック合戦に嫌気がさしていたのと、東京マラソンの抽選に当たるか当たらないかわからないものにトレーニングスケジュールを振りまわされたくない!ってことで去年からこの防府読売を選んでいます。自分は開始日に普通にエントリーできました。(カテゴリー2)

コツコツ努力してサブ4の走力はあるのだけれど、このランニングブームのせいでレースに出られなくなってしまった(泣)という人も多いはず。遠征費はかかりますが、エントリーフィーも安いので、なかなかお勧めです。大田原と何が違うのというと、コースがフラット。所々高架橋はあるのですが、すぐに終わる短いもの。記録は出しやすいと思います。ただ、お祭りイベントのような派手さはありません。競技者がガチで走って、以上、終了!という感じです。自分はそれ以上のものをロードレースに求めていないので十分です。しかも、きとんとした公認コースで地方局とはいえテレビ中継が入ります。ヘリコプターも飛んでます。川内くんとすれちがいます。20km過ぎの直線で、◯◯県からようこそ、という幟を持って一列に大会ボランティアが並んで応援していたなあ。地味だけどちょっとホクっとしたよ。

トレイルランナー的 3:30マラソン考

自分の所属するチームでは、3:00:00でもサブ4と言われてしまう。ざっくり感がトレイルランナーらしいといえばそうなんだけれど、いささか自分のような鈍足には、サブ3というのは現実味が薄い世界。去年まではサブ4の範囲でPBが更新できればいいやと甘んじていて、具体的なタイムを意識した練習をしていない。3:30を意識したのは今年が初めてと言っていい。3:30的などというタイトルで書くのはいささか気が引けるのですが、ここら辺のゾーンのランナーは自分の実力もよく分かっているので、ブログに書く人は少ない。少し恥ずかしい。自慢してるとも思われるし、速い人からすれば、ふーん、考えすぎじゃね?というぐらいなものだから。でも実はここら辺がコアでもあるはず。フルマラソンが面白く感じるゾーンでもあり、タイムの頭打ち感を感じるゾーンでもあるはず。そこをあえて書くのが自分の立ち位置なのかと思っています。

今回の防府読売の結果は6分ほどPBを更新していますが、3:30には及ばず、グロスで30分台後半、明らかに、スピードを維持する筋肉スタミナが足りない。35k過ぎでペースが落ちてしまったとき、「あれ、もう少し心拍落とすと、トレイルの林道みたいなもんで、あと40kぐらい走れちゃうかな?絶対走りたくないけど(笑) 」と思うぐらい、脂肪燃焼回路のスタミナは十分にある。山歩きのスタミナに近いもの。多くのトレイルランナーはここは強いはず。サブ4まではこのスタミナだけでも行けてしまうんだけど、3:30になると、4′50″を維持して行くスピード付のスタミナってことになる。これって根っこの部分では同じスタミナではあるけれど、それを引き出すための練習が大きく違うのだと思う。LT値を引き上げるためのトレーニング、それを利用してスピードを維持する脚づくり、具体的には教科書よりは少し速めのミディアムロング走(24~25k)の割合を多くする必要性を認識しました。なによりも去年と違うのが具体的な目標を数字にしたことで、練習の設定とその評価がしやすくなったこと。去年は型通りのロード練習をしてはいたが、それはやった気になっていただけ。これはトレイルにも同じ事が言えて、このレースを完走したい、あのレースを◯◯時間で走りたい、と考えたら、山地図を見て、去年走った人に会って、できれば試走をして今の自分になにが足りないか、練習は何を目的にするのか、急登の歩きなのか、林道の走力なのか、自分が山の縦走だけでなくトレイルランニングのレースに出続けるのはその面白さに理由があるとも言える。

前回のUTMFへ向けてのトレーニングは徹底的に急登の歩きを意識してトレーニングをしたつもり。ポールが使える場所が限定されていた恐怖心からです。練習自体は間違えではなかったし、事実、雪見岳の急登、その後の天子山塊もリラックスして通過できたように思える。一方で、チーム100マイルの強度の高い練習で心肺系も鍛えられたこと、そして同じくその座学で、時間がない会社勤めの人にとって、短時間高負荷トレーニングがロングトレイルにも有効であること( どういう理論で有効かは有料セミナーなので記載を控えます) この年齢であってもフィジカル面もやり方によってはまだ伸びるのだと認識、そして実感。その結果として自分の走力では関門通過が難しいと思っていた「走る」タイプの100マイル、八ヶ岳で結果を出すことができた。この流れを継続して、(ロングトレイル+山の縦走) x (ロードを速く走る練習) の掛け算をしばらく継続させるつもり。つまりロード、トラック練習の割合をキープします。今の力では難しいと分かってはいるのですが、2015年以後の、やはり走力が要求される100マイル、Western States Endurance 100を目指したいのです。

その流れで、あれだけ嫌っていた東京マラソンを走ることになりました。金色のものを着けて走ります。実はネット(防府読売はグロス計測のみ)でもうひと伸びした結果が欲しい。それは、個人的な思い入れがあるボストンマラソンの資格タイムが視野に入ってきたからです。このボストンマラソンは性別、年齢別の資格タイムと、さらにその資格タイムより5分単位で速い人から優先にエントリーできます。若くて才能のある人だけでなく、コツコツと長い間ランニングを続けた人にもチャンスがあるのです。このボストンマラソンのエントリー方式はまた別の機会に書きたいと思っています。公平かつ、ランニングを生涯スポーツとして長くつづけていくことをサポートしている姿勢がわかります。

さて、ロード練も続けるけど、どこか雪山行こうかな。八ヶ岳のアイスキャンディー登りてえ〜

image


Hello MMA ! Hello trail running community !

お前誰?と言われそうなので、やはり最初は自己紹介的なものを書いておきましょう。直接お会いした事がない方でも、レース中、後方集団でせり出した木にゴチンと頭ぶつけている背の高い奴を見たことがあるのではないでしょうか。それ、私です(笑)

dekai

 そんなにでかくないだろ!

prof

せいぜいこれぐらいです。

外資系のアスレチックブランド企業に勤めているので、MMAは直接の競合ではないにしろ、かなり近しい業界。業種としては同じと言っていい。だからその楽しさも難しさも理解できる。応援したいというのが素直な気持ちです。

 

 Hello trail running community!

support

仕事柄、よくわかるのですが、世界で何億人が観るサッカーや、何万人が一斉にスタートするロードランニングというのは人が集まる、だからお金も集まる。それによっていいことも、その反対側の側面もあるわけですが、多くのアウトドアスポーツ競技は競技人口が少ない。トレイルランニングも例外ではない。ブームだと言っても前記のサッカーや、いわゆる一般的なロードランニングからすればマーケット規模は小さい。だからスポンサーからの資金提供も限られている。一方でレース時間は100マイルレースになれば、2~3日間に及ぶことになる。選手は現実的に仲間のサポートが必要になるし、レース運営には地元と多くの仲間のボランティアがなければ成立しない。地元への経済効果云々と言われるが、試走も含めた限られた日数で地元にお金が落ちたとしても、多くの事は望めないだろう。それよりもその地域の閑散期に人が集まり、それに向けて地域コミュニティーが活性化することに社会的な意味があるのだと思う。つまり、トレイルランニングという競技は、様々な人達と互いに助け合わなければ成立しない競技なのですね。「あなた、主催者=サービスの供給者、私、走る人=お客さん」という関係だけでは維持できない、現実的に問題解決にお金が必要な事が多いのだけれど、お金では解決できない「何か」を仲間はもちろんのこと、地元のコミュニティーとも共有しながら成立させていくことが必要になる。逆に言えば、お金がなくても、共有できるものがあれば手作りの草レースができてしまう。六甲CBや先日丹沢で行われていたMC2、あるいはそもそもTJARだって最初は数名が集まってなにかやろうとしたものではないでしょうか。よーいドンで走ることにそんなにお金はいらんのですよね。岩佐氏がD/Cで紹介しているアメリカのトレイルランニングカルチャーとコミュニティーがまさしくそれなのかなと想像できる。だからこそあれだけ多くのレースが毎週末に行われているのだと思う。日本のトレイルランニングカルチャーも成熟してそうなると嬉しい。自分も端っこでいいからそれを担う者でありたいと思う。

sunmatakyou

先日、望月将悟選手が主催した地元での小さなレ-ス。私は日程が合わず参加できなかったのですが、写真を拝見すると、主催と、そこに集い、参加する人々が共有している空気感みたいなものがよく表れているように思えました。来年はいかなきゃ。詳細はナミネムさんのブログで。

MMAがやろうとしているものづくりも共感できるのですが、(渋井さんの悩みもね) このカルチャーがMMAブロガーやそのチーム、ショップを通して少しずつ形になってきているのが嬉しいのです。トレイルランニングという言葉自体がまだ浸透していない時代に、OSJを初めとするアウトドアイベント運営団体が蒔いてきた種が、少しづつポツポツと、メディアに煽られるような形ではなく、着実に育ってきていると思うのです。そしてそのコミュニティーに新しい人たちが参加できる機会が様々な形で増えてくれると良いと思うのです。若いロードランナーの方々もどんどん参加して欲しい。将来、自分が歳を重ね、走ることよりも、そういった若い人達をサポートすることで、自分自身も長い年数、そのコミュニティーに参画できるとすればそれは素晴らしいこと。だから、ブログのお話を頂いたときに即答で「お願いします」とご返事させていただきました。これから、自分が山で経験したことを、時に真面目に、時に面白おかしく書き綴ってみたい。と、いいつつ、今、ロードレースシーズンなので、ロードランニングネタも多くなると思います(笑)

今日はだいぶ真面目に書いてみました。

まずはご挨拶まで。

追記 ;  書き終えた後、RBRGの桑原さんのブログを読んだら、内容かぶっていますね(笑)  でもそれぐらい共感できる仲間がいるということでご容赦下さい。