赤岳 – 厳冬期

赤岳アタック隊(再)に参加させていただきました。FBで冬山行きて〜って叫んでたら、エディさんが拾ってくれた感じです。FBっていいですね(笑) 心折れ部のH谷さん、MMAブロガーでもあるEmmaさんもご一緒です。考えてみばMMAブロガーが3人も!登山届を提出する時に、20代、30代、40代と段階的な年齢差であることに気付く。それぞれ同じ赤岳のテーマでブログを書いたら、その視点や感性の違いなんかも見られて面白いかもしれません。

image
DAY1 美濃戸口から赤岳鉱泉2,000mちょいまで、樹林帯の中をゆっくり高度を上げていく。
image

赤岳鉱泉ではアイスクライミングの練習施設、通称アイスキャンディーがお出迎え。ここはツアーか、経験者同士で来ないと、ハーネスのレンタルがないのと、ビレイ(ロープでの確保) ができるパートナーが必要です。クライミングをかじっている自分としては是非次回はチャレンジしたい。

image

赤岳山荘は自分が知っている山小屋の中では一番きれいだった。美濃戸口から上がって来る際に、一眼のカメラを首に下げた山ガール風のグループと何人もすれ違ったが、こういう山小屋なら抵抗ないよね。

image

 

夕方になると山にガスがかかり粉雪が舞う。うーん、トレースが消えるとまずいんだよね。笑ってるけど(笑)

image

 

DAY2  赤岳鉱泉から行者小屋、文三郎尾根経由で赤岳山頂へ

前晩の積雪が30cmぐらいか。スノーシューがあってもいいぐらい。ルートは明瞭だが、トレースが薄く、あまり踏まれていない。つまりは氷や岩の上に踏まれても固まらないサラサラの粉雪が乗っているという状態。Edyさんは最後まで、硫黄岳か赤岳を目指すかの選択を悩まれていた。登らせてあげたい、でも本当にこのコンディションは大丈夫なのか?最終的には赤岳を目指すが、途中撤退の判断はEdyさんの判断、指示に従うことを確認して出発!

image

©emma

 

樹林帯を行く。まだ平和、余裕あり。

image

©emma

 

樹林帯を抜けると、少し風が当たる。この時、気温はマイナス16℃、後ろに横岳(?) が見える。

image

©emma

 

image

 

不恰好な台形の山に魅力を感じる。阿弥陀岳、名前の由来はなんなのだろう…

image

 

目指す赤岳、ほんとにここ登るの?

image

 

image

image

©Edy

 

最後の急登を前に、ストックをピッケルに変える。さあ、いくぞ。

image

 

image

image

image

image

©Edy

image

©Edy

image

山頂付近の岩についた、エビのシッポ

 

山頂から地蔵へと下る。風が強くて雪がつかず、アイゼンのかかりを確かめながら下る。

image

©Emma

 

地蔵尾根を下り、再び樹林帯へ。

image

 

日没前に美濃戸口へ下りる。山荘のお風呂がありがたい。

image

 

今回の冬山行で、装備面についていろいろと考えさせられた。こういった極地的な局面で使えるもの、役に立たないもの、重いもの、軽いもの、結局、経験でしかない。最近、相馬選手の携行品義務、いわゆるレースレギュレーションについてFBで盛り上がっていたけれど、なにが自分に必用かをイメージすることは、競技力そのものだと思うのです。それを奪うことにならないか? 運営側からすれば致し方ないことなのは理解できるのだけれど、やはりランナーサイドで経験値を上げていくしかない。なぜこの装備品がこのレースで必用なのかをレース前に考えてほしいと思う。一定のコンディションでは必用のないものも多いが、どういういう状況で必用なのかをイメージするだけでも力がつき、普段のトレイルランニングにおいてリスクの軽減になると思う。そしてできれば経験するのがいいですね。でもシート1枚でビバークとかは嫌だな(笑)


積雪期の雲取山

image

奥多摩駅8:35発 西鴨沢行バスに乗り、鴨沢で下車。日曜日ということもあり、バス停前駐車場は満車状態

バス停で帰りの時間をチェック。16:48でそれを逃すと2時間後、登山靴なのにトレランモード! ?
バス停で帰りの時間を念のためもう一度チェック。16:48でそれを逃すと2時間後、登山靴なのにトレランモード! ?

9:33 入山、時間によってはピークを踏まず、引き返すつもりで。

9:33 入山、時間によってはピークを踏まず、引き返すつもりで。

夏山にないもは突き抜けるような青い空、地面の雪の白さが徐々にその割合を増して、青と白のコントラストが眩しい。

夏山にはない突き抜けるような青い空、地面の雪の白さが徐々にその割合を増して、青と白のコントラストが眩しい。

ブナ坂を過ぎた辺りから雪山らしくなる。寒さも一気に増すが、歩いていれば気になるほどではない。

ブナ坂を過ぎた辺りから雪山らしくなる。寒さも一気に増すが、歩いていれば気になるほどではない。ここでアイゼンを装着。

森林限界を超えた岩陵の八ヶ岳やアルプスの山々と違って、雲取山は森が優しい。

森林限界を超えた岩陵の八ヶ岳やアルプスの山々と違って、雲取山は森が優しい。

シュールな奥多摩小屋は冬場はもっとシュール(笑)

シュールな奥多摩小屋は冬場はもっとシュールだね。

ピーク方向から見た雲取避難小屋

ピーク方向から見た雲取避難小屋

 

13:35 雲取山2,017m 冬季単独無酸素登頂、自分におめでとう(笑)

13:35 雲取山2,017m 冬季単独無酸素登頂(笑)、自分におめでとう!

しばし無言。富士山、手前に大菩薩の稜線。美しい。

しばし無言。富士山、手前に大菩薩の稜線。美しい。

カメラには写り込まないが、遠くに北岳、甲斐駒ケ岳の稜線も見える。

カメラには写り込まないが、遠くに北岳、甲斐駒ケ岳の稜線も見える。

避難小屋で昼食。カップヌードルリフィルはチリソースだな。小屋内の気温はちょうど0度、暖かいものが美味しい!

避難小屋で昼食。カップヌードルリフィルはチリソースだな。小屋内の気温はちょうど0度、暖かいものが美味しい!

避難小屋の外にあった温度計はマイナス7℃、この季節にしては暖かいほうだろう。

避難小屋の外にあった温度計はマイナス7℃、この季節にしては暖かいほうだろう。

 

今回のベストショット。奥多摩小屋のテント場のベンチに誰かが作っておいていったもの。ハートのネックレス(マフラー?) をした小さい雪ダルマ、後ろに富士山。テント場も女性だけのグループもいたりと、冬山登山というより、アウトドアキャンプを楽しんでいる感じ。いわゆる山ガール達なんだけど、彼女らの装備とか登り方をみていると、結構(というよりかなり)ちゃんとしていて、ランドネが昔ながらの山屋さんに叩かれることもあったけど、実際、女性は賢くて、本質をちゃんと見抜いていて、やることはちゃんとやっているように思える。華やかなことはいいことだよ。

今回のベストショット。奥多摩小屋のテント場のベンチに誰かが作っておいていったもの。ハートのネックレス(マフラー?) をした小さい雪ダルマ、後ろに富士山。テント場も女性だけのグループもいたりと、冬山登山というより、アウトドアキャンプを楽しんでいる感じ。いわゆる山ガール達なんだけど、彼女らの装備とか登り方をみていると、結構(というよりかなり)ちゃんとしていて、ランドネが昔ながらの山屋さんに叩かれることもあったけど、実際、女性は賢くて、本質をちゃんと見抜いていて、やることはちゃんとやっているように思える。華やかなことはいいことだよ。

16:38 鴨沢 バス停 下山完了

Sunto Ambit GPS交信1分モード 24.97km D+1,645m

*行程時間は筆者の体力、当日の気象コンディションでの時間であり、他の方の参考になるものではありません。この時期の日帰ピストンは相応の体力が要求されます。(実際にアイゼンを外してからの下りはトレイルランモードでした)また行動スピード、気象リスクによって装備はことなります。ご自身でご判断の上、お楽しみください。

1/20追記: ブログをアップしてから、トレイルランニングの装備で行けるの?という質問をいくつかメッセージでいただきましたが、上記にも書いたように、その日の天候、雪の状態、走力、体調次第で大きく変わると思います。それをイメージするのがもっとも楽しいことであり、また、判断を間違えた場合、すぐに撤収できるのも競技力の一つだと思います。山小屋泊前提でしっかり50Lザックでいくのもよし、負うリスクの分、装備を軽くして行動時間を短くするのも1つの方法で、少なくても事故を絶対に起こさなければなにが正解かはその人次第。なかにはこんな人も!クールだぜ!(でも良い子は真似しちゃダメ)
リンクはこちらをポチッと↓
monoto in kumotori


レ-スの魅力とポイント制

OSJおんたけウルトラがまさかの数日で定員となった。

自分もランネットが締め切り後、スポ-ツエントリ-にて駆け込みセ-フ。まさかの事態に驚きを隠せない。出ようかなと思ったのが、3年前、苦手意識から自信がなく、これまでためらってきた。走れる登り林道ってのが一番苦手、暑いの苦手、どうにもこうにも無理だろ的な。

渋井さんがブログにも書かれていたけど、やはりポイントレ-スとしての位置づけなんだろうか。自分が走った前回の八ヶ岳もそういったランナ-が多かったと聞く。メディアの影響でUTMB,UTMFを走りたい。気持ちはよくわかる。自分もそうであった。ただ、ポイントという飴だけで走るとしたらとても残念なこと。あるいはそのモチベ-ションだけでは走りきれないのではないかと思ってしまう。本来、走りたいレ-スを重ねるうちに、その目標レ-スの資格が得られるというのは理想論なのかなあ。

一つのブログが目に留まった。トレイルランナ-ズ大阪の安藤さんのつぶやき的な短いブログ。大切なことを思い出したと。距離、累積標高云々ではなく、その風景の中を走りたいということ。大きく頷く。

adatara

自分はいくつか他のウルトラトレイルを走って、おんたけウルトラにこんな魅力を感じた。

深夜にスタ-トして朝に向かって走るということ。通常、他のレ-スでは昼間にスタ-トして夜に向かって走るわけだが、必ずデスゾ-ンというかパフォ-マンスが落ちる時間帯がある。疲労がピ-クに達し、体内時計はもう寝ろ、と催促する深夜1:00-2:00ぐらいだろうか。他のウルトラトレイルはここが一番きつい。おんたけはこの時間でも疲労はピ-クでないわけだから、うまくきりぬけられるだろう。そして明けていく朝の林道を走るのは気持ちがいいに違いない。鳥や時折、獣(?)の声を聞きながら。まあ、林道はそのうち飽きるだろうけどね(笑)

そして心を揺さぶる(笑)下の写真が決定打となる。

1016662_484280224996633_291762987_n

 

MMAブロガ-でもあるナミネムくん。彼の名誉のために言っておくが、すぽるちば若手の有力選手、写真はトレイルランを始めて間もない頃で、足も細く、フルマラソンが3:20台だったとか(もちろん今はサブ3)、このおんたけのオラオラ的な灼熱地獄にやられた感が最高にいい。この灼熱地獄も一度味わなければトレイルランナ-として認められないような気がしてきた(そんなことは全くないんだけどw)

あの風景の中を走りたい。たとえポイントのためにエントリ-した人も、ひとつ自分がそこを走る風景を思い浮かべてほしい。きっとレ-スが楽しくなるはず。

今日はちょっと思いついたこと、書いてみました。

追: 主催はOSJだから100K= 100Kmじゃないよね、きっと。去年まで走っている人は、そんなことあまり気にしないだろうけど、今年のエントリ-者はまだ慣れていないかもしれませんね。正確な情報を伝えることは、主催者の義務でもあるのだけれど、K = Km じゃなくて K= くらい、ということですから、ある意味、正直です。


あけましておめでとうございます。読書タイムです。

新年あけましておめでとうございます。

走り納めで三浦、走りはじめを鎌倉、家に帰って駅伝観戦というトレイルランナーとしては正しい年末年始を過ごしました。その合間にいくつかの本を読む。コミックも含みますが(笑)

2

「神々の山嶺」全5巻、チーム100マイルの仲間からお借りしました。コミック版ですが、読むのに時間がかかる。1ページ中の文字数が多いな(笑) 「そこに山があるから」と言ったGマロリーが最後に消息を絶ったのが1924年、当時まだ未踏峰だったエベレストへの初登頂の謎を残して。そこへ日本人カメラマンが謎解きを試みると、日本から姿を消した孤高のクライマー、羽生丈二がカギを握っているのがわかる。長谷川恒夫をモデルとしたと思われる長谷恒夫という登場人物も出てくる。後のストーリーはネタバレなので皆さんが読んでのお楽しみ。その代り、印象的なセリフを1つ。

「何故山に登るのか、何故生きるのか、そんな問いも答えもゴミのように消えて、蒼天に身体と意識が突き抜ける」

3000m級の山に登ると、早朝などの空気が澄んだ時間の空の青さに驚くことがある。まさしくこれだなと。

他に山のコミックでは「孤高の人」も読破。こちらは新田次郎の小説をベースにしているが、ストーリー展開は異なる。ただし時代背景を昭和初期から現代に置き換えられたもので、オリジナルの小説よりわかりやすく、小説に描かれていたテーマはきちんと表現できていると思う。

これらの山コミックや新田次郎の小説は読んでいて面白いのだけれど、どうしてもぬぐえない違和感がある。大抵の人物設定が、山をやる人=ストイック=孤高=ソロ(単独行)=精神性、というステレオタイプの図式にはまる。これは、山をやらない人にストーリーとしての面白味を演出するもので、仕方ないことなのだなあとは思うけれど、正直言って、自分も他人からそう思われているのかもしれないと心配になってしまう。まあ、全否定はできず、山に癒しを求めるって程度のものはありますけれど。

1

 

そんな違和感ではなく、共感できる書があった。少し前に自分のアメブロに紹介したのが、日本人で唯一、世界8000m級14座を登った竹内洋岳のインタビューをまとめた「頂へ、そしてその先へ」、そしてこの年末に、14座を登る前に発刊された「初代、竹内洋岳に聞く」を大手書店にお勤めのランナー仲間に注文して手に入れた。いくつも共感できる言葉や考え方があり、なによりも小説に描かれているステレオタイプな違和感がない。竹内氏自身、神田の資産家に生れた、いわゆるお坊ちゃん。精神性を求めるような悲壮感がない。あるのは山、登山というスポーツの面白さの追求とその普及。

「私が登山にいま携わっている状態というのは、根底に何か精神的なものを追い込んで、自らモチベーションを高めて山に登っているわけではないんです。(中略)ただ、山登りが楽しいというか面白いほうが先行しちゃっていて、そういう段階ではないです」

書の中でその面白さをわかりやすく語っている。ランニングと一緒で、世間から「つらい」と思われているスポーツの魅力を語るのはとても難しいのだけれど、インタビューをライターがまとめたものだから口語で読みやすく、普段活字を読まない人にも楽しく読めると思う。トレイルランニングであれ、登山であれ、クライミングであれ、山に関わる人なら楽しく読めるはず。

今日はこのブログより読んでほしい書のこと、書いてみました。