「他のレース走ってる場合じゃないでしょ〜♪」


こんにちは、藤岡です。だいぶ日が長くなってきました。雨の日も減って来て、いい季節です。

さて、明日(5月16日)レインシャドウ・ランニング(Rainshadow Running)が主催するサン・マウンテン50マイル(Sun Mountain 50m)を走ってきます。サン・マウンテンは初出場ですが、レインシャドウ・ランニングが主催する他のレースは何度か出場していてどれも最高なので今回も楽しみです。

ということで今回は、私も大好きなレインシャドウ・ランニングのレースをちょっとご紹介します。

レインシャドウ・ランニングはワシントン州とオレゴン州の各地でレースを主催しています。どのレースもとても人気があり、ほぼすべてのレースで枠がすぐに埋まってしまいます。エントリー枠はレースによって異なりますが、多くても300人ほどとちょうど良い規模。25キロから100キロまでの様々な距離のレースが開催されており、加えて来年2016年2月にはレインシャドウ史上初の100マイルレースがシアトルの北西にあるオーカス島(Orcas Island)で開催されます。

“Why run anywhere else?”

“Why run anywhere else?”

 
私も日程が合えばレインシャドウのレースに迷うことなくエントリーします。今年もすでに2月のオーカス島50キロ(Orcas Island 50k)、4月のヤキマ・スカイライン・リム50キロ(Yakima Skyline Rim 50k)はランナーとして出場しました。加えて前回の投稿でもお話したとおり3月に西城さんのペーサーとしてゴージ・ウォーターフォールズ(Gorge Waterfalls)を走りましたが、これもレインシャドウのレースです。

レインシャドウのオーナー兼レースディレクターのジェームス・ヴァーナー(James Varner)はパシフィック・ノースウェスト(=アメリカ太平洋岸北西部)のトレイルランニング・シーンの中心人物の一人。

ジェームス・ヴァーナー(James Varner)。

ジェームス・ヴァーナー(James Varner)。

 
彼は「みんなで楽しくパーティーするなかで、その一部として山を走ることを楽しもう」というアプローチでレースを企画していて、無理に煽って盛り上げることもなく、堅苦しいこともなく、常にみんなが自然体で楽しめるレースを作りあげています。

ジェームスがスプレーで線を引いたところがスタートライン。オーカス島50キロではスプレー缶を忘れて、かかとでスタートラインを引いてました。

ジェームスがスプレーで線を引いたところがスタートライン。オーカス島50キロではスプレー缶を忘れて、かかとでスタートラインを引いてました。

 
レインシャドウ・ランニングのレースの特徴をいくつか挙げると…

1. レースのあとのお楽しみ。
ゴールでジェームスとハイファイブしたら、ゴールの周りでレースの余韻に浸りながらビールとピザでピクニック。表彰式なんてやりません。周りの人と話してもよし、日陰で寝てもよし。ゴールする人に拍手を送りつつ、生バンドの演奏を聞きながら、気ままにのんびり時を楽しめます。

石窯ピザ!

石窯ピザ!

そしてミュージック!

そしてミュージック!

 
2. 走りごたえのあるコース。
レース後には楽しいひとときが待ってますが、レースは超本格派。オーカス島やヤキマはかなりの高低差、ゴージ・ウォーターフォールズはけっこうテクニカルとレースそれぞれに特徴があり、経験のあるランナーも十分楽しめるハードさ。その証拠にゴージ・ウォーターフォールズはモントレイル・ウルトラ・カップ(Montrail Ultra Cup)の一戦に組み込まれ、高いレベルのレースが行われましたし、それ以外のレースでもエリート選手が出場することも多く、例えばオーカス島50キロではゲイリー・ロビンス(Gary Robbins)や若干19才の超新星アンドリュー・ミラー(Andrew Miller)、ヤキマ50キロではマイク・フート(Mike Foote)が出場していました。

ヤキマのタフな登り。

ヤキマのタフな登り。

 
3. 最高のロケーション。
太平洋を望む海岸沿い(オレゴンコースト50キロ&30キロ)、コロンビア川渓谷(ゴージ・ウォーターフォールズ100キロ50キロとビーコンロック50キロ&25キロ)、ノースカスケード山脈の中(エンジェルス・ステアケース65キロ35キロ)、乾燥した壮観な峡谷(ヤキマ・スカイライン・リム50キロ25キロ)、緑豊かな閑静なリゾートアイランド(オーカス・アイランド100マイル50キロ25キロ)など、パシフィック・ノースウェストでも選りすぐりの風光明媚な自然の中でレースが行われます。

ヤキマのコースは周りに視界を遮るものなし。レーニエ山を望みます。

ヤキマのコースは周りに視界を遮るものなし。レーニエ山を望みます。

オーカス島では苔生す森を駆けまわります。

オーカス島では苔生す森を駆けまわります。

 
そんな楽しいレインシャドウ・ランニングのレースのキャッチフレーズは、“Why run anywhere else?”(「他のレース走ってる場合じゃないでしょ〜♪」)。本当にそのとおり!こちらのトレイルランニングレースの雰囲気を楽しみたい方、絶対おすすめです。

ということで、サン・マウンテン、楽しく走ってきます。

今回もゴールでジェームスとハイファイブしてこようと思います!

今回もゴールでジェームスとハイファイブしてこようと思います!


「他のレース走ってる場合じゃないでしょ〜♪」” への4件のコメント

  1. ピンバック: サン・マウンテン50マイル走ってきました。 | パシフィック・ノースウェスト通信

  2. ピンバック: 夏だ!ビーコン・ロックだ! | パシフィック・ノースウェスト通信

  3. ピンバック: 規模を追わないという選択 – Hardrock 100 – | パシフィック・ノースウェスト通信

  4. ピンバック: 7つの質問 〜 HURT 100 | パシフィック・ノースウェスト通信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>