レッツ・パーティー!〜 Beacon Rock 50k

6月10日にビーコン・ロック州立公園で行われたBeacon Rock 50kを走ってきました。一昨年私の妻が25キロの部を走りましたが、私が走るのは3年ぶり。

ワシントンとポートランドの州境を流れるコロンビア川のワシントン側に位置するビーコン・ロック州立公園のシンボルは、ビーコン・ロックという巨大岩。コースから望むことができます。

コースからビーコン・ロックを望む。(2015年撮影)


スタート・ゴール地点はちょっとした野外フェスができそうな規模のグループ・キャンプ場で、レースがある週末は主催者のレインシャドウ・ランニングが借り切っています。参加者の多くはレース前日から会場入りしてテントを張り、ポットラック・パーティーを楽しみます。

また、レースが終わったらゴール地点を囲んで、音楽を聞きながら…

ビールを飲み…

ピザを頬張り…

また水遊びをして遊んだりと、ゆっくり思い思いに時を過ごします。

そんな、走るだけではなく色んな楽しみが詰まったBeacon Rock 50kは私のお気に入りの一つです。

さてさて、走りの方ですが、最初の15キロほどは昨年10月のレースなどで度々顔を合わせているポートランドの俊足ランナー、タイラー・グリーンと、今年のレーススケジュールなどについておしゃべりしながら進みました。

昨年のWaldo 100でも優勝しているタイラー・グリーンは私よりも実力が上で、15キロ以降に彼がペースを上げてからは差は開くばかり。夏にある目標レースに向けて無理して怪我をしては元も子もないので、私はリスクを犯さず自分の走りに徹しました。

結局、4時間45分41秒のタイムで2位でゴール。レースディレクターのジェイムス・ヴァーナーがいつものようにハイタッチで出迎えてくれました。この時期はだいたい好天が続くのですが、珍しく雨に見舞われてコースからの眺めはちょっと悪かったものの、少し気温が下がって気持ち良く走れました。

4時間18分のコース・レコードで優勝したタイラーもゴールで待っていてくれて、お互いに「一緒に走れて楽しかった!」と健闘を称え合いました。

今回のビール(ビーコン・ロック編)

こちらではトレイル・ランニングとビールは切っても切れない関係で、レース後はほぼ必ずといっていいほどビールが供されますし、強者になるとレース中にエイドステーションでビールを飲んでいるなんて場合もあります。

加えて、パシフィック・ノースウエスト(ワシントン州、オレゴン州、カリフォルニア北部の太平洋岸沿い)は、マイクロ・ブルワリーの宝庫。バラエティに富んだビールに出会えます。

ということで、レースのあとに振る舞われたビールのご紹介。今回頂いたのはビーコン・ロックから車を20分ほど走らせたところにあるバックウッズ・ブルーイングカンパニー「Gifford Pinchot Pilsner」と「Blueberry Wheat」

Gifford Pinchot Pilsnerはピルスナー・ビールが生まれたチェコのホップを使った、「花と香り」(spicy floral aroma)と「草原の風味」(grassy notes)が特徴のビール。

Blueberry Wheatは、ほんの少しだけブルーベリーのフレーバーがする、夏限定の白ビール。

どちらもクリスプで爽やかな飲み心地。軽快な夏にピッタリのビールでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>