SHOE DOG-NIKE創業者の起業物語

世界的スポーツ関連企業のNIKEが生み出す革新的なデザインや機能を備えたシューズ。そのクールさに魅了された方は多数いるであろう。NIKEを身につけた憧れのアスリートの躍動を目にするたびに、NIKEを身につけた自分もそのアスリートのようになれると錯覚さえ抱かせる。それは一瞬の幻想であって、直ぐに悲しい現実を受け入れなければならないが…NIKEは皆に夢を与えるという魅力を備えているブランドであることは確かだ。

SHOE DOG 靴にすべてを。

IMG_3571

本書はNIKEの創業者、フィル・ナイトが自ら語る波乱に満ちた起業物語。1962年、日本のシューズメーカーであるオニツカの靴をアメリカで販売するビジネスから始まり、資金繰りに困窮しながら、やがて、独自ブランドのNIKEを立ち上げ、1980年に株式上場するまでの過程が赤裸々に綴られている。

ユーモアたっぷりに語られる数々のエピソードには悲壮感はないが、創業当時は試練と困難の連続であったことは想像に難くない。起業するということは、常に綱渡りで崖っ淵で勝負することだ。絶対に必要なことは情熱と行動力、そして想いを共にする仲間たち。運も時には味方にしなければならない。

私が勤める会社で創業者を近くで見てきた経験からフィルが本書で語ることには共感できることが多い。経営者の判断には失敗が数多くて、成功と言えることの方が少ないのではないかと思う。度重なる失敗、それを情熱と挑戦心で乗り越え、何とか生き抜き成長していく。そういった泥臭いことを繰り返したものだけが生き残れる厳しい現実がある。

最終章では、死ぬまでにやっておきたいことをリストアップする中から、NIKEについて語ろうとしたことが綴られている。特に後に続く若者たちへのエールは何度読んでも熱いものが込み上げてくる。

若者は安定志向でチャレンジしなくなったとメディアでも語られることもあるが、それは嘘なんでないかなと私は思う。この日本ではあらゆる年代が保守化しているんではないかと思う時がある。変化を恐れ、失敗を恐れ、チャレンジすることはない。何もしないことが一番安全だと思っているからだ。

起業を目指す者だけでなく、何かに挑戦する者にも勇気と気付きを与えてくれる。そんな本書です。是非読んでみてください。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>