後方10mの距離から見たもの

上州武尊山スカイビュ-・ウルトラトレイルにボランティアとして参加してきました。業務はスイーパー、「岩の経験あります」って言ったものだから120km川場村山田昇メモリアルカップカの山岳パート、核心部分を担当することに。

山岳区間は不測の事態にも対応できるように4名体制をとった。

山岳区間は不測の事態にも対応できるように4名体制をとった。©黒瀬さん

 

スイ-パ-は基本として、選手の行動によくも悪くも影響を与えてはいけない。後ろからの足音がプレッシャ-にならないように10mほどの間隔をあけて走り(歩き)ます。ただ、選手がふらついていたり、怪我、故障がある場合は、安全の確保のために、並走したり、複数で前後を挟んで次のリタイアポイントまで誘導します。この10mの間隔にいくつものドラマを見た気がします。いや、私が勝手に想像をしているだけかもしれませんが、編集者によって切り取られたDVDよりも、レ-スの全貌と後方選手たちの頑張る姿を見ていたと思います。

image

 

 救護にあたった選手

前半の剣ヶ峰で転倒、負傷した選手に付き添い、自分のレ-スは捨てて下山した選手がいた。救護スタッフの誘導や、私に引き継ぐことで、レ-スに復帰する選択肢もあったはずだが、念のためと付き添っていた。私のショ-ツに入っていた、すぽるちばのロゴをみてSさんによろしくお伝えくださいと会釈して下山していった。ご自分の体調もすぐれなかったことを後日聞いたが、しっかりした若いランナ-だった。ネット上ではランナ-のマナ-が指摘されているが、ネガティブな部分だけが切り取られ事実関係の確認が行われる前に、伝わり方の配慮もなく、ものすごいスピ-ドで拡散されるネット社会の怖さも感じたが、こうした模範となるランナ-がたくさんいることもぜひ知ってほしい。

image

 

 引き返す選手たち

47km地点 の関門手前で引き返してくる選手が数名いた。その中にたまたま私の知人もいたのですが、彼らの判断を最大限リスペクトしたい。自分の現在の体調、気候といった条件下で、あと何百m登るのに何分かかるのかということを、きちんと計算できる選手たちということ。立派な岳人です。この120kmはアルパインクライマ-山田昇メモリアルアルカップであることを忘れてはならないと思う。レ-スでは救護、サポ-ト体制があるが故に、少しだけわがままを許されるのは事実だ。ただ、通常の山行、ましてやソロの場合、この計算ができないと大きな事故につながる。また同じことを書いてしまうが、やはり完走を美学として感動を売り物にするDVDやタレントを走らせるテレビ番組は嫌いだ。DNFでもいい。山は逃げない。そこにずっとある。また登ればいいじゃないか。

 奮闘する選手たち

逆に自分の力を見誤り、山頂付近で大きくペ-スダウンしてしまうランナ-もいた。ただ、彼らを責めることはできない。頑張れっていうこともできない。だって誰がどう見ても頑張っているから。ただ見守るだけ。最後に群馬県山岳連盟の方々に誘導を引き継いだ女性ランナ-は「すいません」と謝っていたが、謝ることはなにもないんだよ。別れ際に、「ナイストライ、(山を、トレランを)嫌いにならないでね」って言ったけど私の真意は伝わっただろうか。

 緩やかな連帯感

レ-スはまさしく生き物で、刻一刻と状況が変化する。自分も想定よりもかなり長い時間を走り(歩き)続けていたこともあり、本部の柔軟な判断で、深夜の2時間ほどのパ-トをTJAR完走者とPTL完走者のコンビに交代していただいた。それはもう頼もしい限りです。今回のスイ-パ-陣は車の移動を担当された方々も含めて、緩やかな連帯感を感じていた。すぽるちばのチ-ムメンバ-はもちろんだが、公募で参加された方々も、難コ-スであれば、なおさら自分がやらなければならないという気概のようなものを持っていたのだと思う。

 Welcome to Ultra Trail !

後半の林道部分も担当したのですが、最後尾とはいえ、一晩を超えて、関門を通過してきている選手はやはり強い。10m後方から「すごいよ、あんたらすごいよ」と何度も心の中でつぶやく。油断すると、おいていかれるペ-スの時もある。人間の力ってすごいなと改めて思う。私の知人の何人かが初100km越えのUltra Trailを完走した。Welcome to Ultra Trail World !! (まあ、変態ワ-ルドとも言うね) 自分の区間で最後尾にいたランナ-が少し順位をあげて、ゴ-ルゲ-トをくぐった。そこでやっと自分のスイ-パ-業務が終了したと感じることができた。担当区間の終了が業務終了ではなく、彼らが安全にゴ-ルまで戻って初めて終了したことになる。お疲れ、俺、じゃなかった(笑)選手たち。

主催者のFBより

主催者のFBより

 

これからのこと、たぶん。

帰宅すると、先日受講したWFA(ウイルダネスファストエイド)の認定書が届いていた。今回、体調不良のランナ-を見ても、落ち着いて対応できたのは、この受講のおかげでもある。これからは自分が走るだけでなく、レースのお手伝いにも携わっていくのだろうなと、ぼんやりと自覚した。また、ネット上では運営に対する批判もある。自分も感じた点はフィ-ドバックとして書面にし、実行委員会にお渡しする予定です。そういったものもエネルギ-に替えて、来年以降もよりよい形で開催することを願ってやみません。武尊の山々はとても美しかったです。その事実は変わらない、変えられない。誰がなんと言おうと。

image

 


小海、走ります。

八ヶ岳スーパートレイルが第二回を最後に中止となったのは皆さんご周知の通り。主催者の運営のことがいろいろと言われるが、昨年の蜂騒動などは不可抗力な要素でもある。自分にとっては初めての30時間台での100マイルレースであり、一晩で終わる事から、制限時間が厳しくても、走力が問われる好きなレースであった。(そういうのが苦手なくせにね)春のUTMFは故障明けの身体をなんとかごまかして完走したレース、今年中にもう一度身体をつくって100マイルを走りたいと思っていたのに(泣)そこへふと話が持ち上がったのが、KOUMI100。松原湖から八ヶ岳の麓の林道、舗装路、シャクナゲ尾根、白樺尾根といったトレイルの32kmを5周回するというもの。「おいおい本気か?」ハワイで行われるHurt100が5周回の100マイルレースとして有名ですが、それと同じ5周回の100マイルを日本でやるというのか? 怖いものみたさでポチリ。(実際には郵送申し込み)

で、試走してきました。周りの人は「5周もするのに試走はいらんだろ、飽きるぞ」と言うが、やはり自分の走力レベルでは制限時間があやしい。最初の1周でアウトになったら高いエントリーフィー払って温泉旅行だけなんてことになりかねない。実際に試走してみると、走れる区間の多いコースではあるが、なかなか手強いトレイル区間もあり、制限時間との兼ね合い、つまり完走レベルという意味合いでは、昨年の八ヶ岳より一段階上、UTMFより2段階上という実感です。

ご注意 主催者が発表しているコース図と一部違うルートを通っています。また公式サイトにあるように、コースは変更になる可能性があります。この試走内容はあくまでも自己判断でご活用ください。

SUNTO AMBITが故障のため、I phoneのGPSトラックデータをカシミールで分析していただいた。(ご協力 by 窪田さん)

SUNTO AMBITが故障のため、I phoneの山と高原地図アプリのGPSトラックデータをカシミールで分析していただいた。(ご協力 by 窪田さん)

10677020_714304861970031_2026977488_o

累積標高は1周1,667m ですから、8,335mとなります。カシミールは気圧式ではなく地図上の等高線データですので細かい高低はトレースしません。SUNTO AMBITだと9,000mを超えるかもしれませんね。

image

 

最初の舗装路と林道は走りやすい。傾斜もゆるく、ほとんどの選手が全部走れるでしょう。

沢沿いの林道を西へ。いくつか分岐があるが、沢のどちら側か、あるいは地図とコンパスで方位を確認すれば試走も問題ないはず。

沢沿いの林道を西へ。いくつか分岐があるが、沢のどちら側かを確認、あるいは地図とコンパスで方位を確認すれば試走も問題ないはず。

本所温泉入口 エイドステーションとなる。駐車場あり

本所温泉入口 エイドステーションとなる。駐車場あり

 

コ-スではないのだが、さらに標高をあげると、通年営業では標高日本一となる本所温泉(混浴露天)がある。

image

ポスタ-と筆者はなんら関係ありません(笑)

 

本所温泉へは向かわず、舗装路で稲子湯へ。走れるが、アップダウンは結構大きい。
image

 

image

雰囲気のある湯治場のような稲子湯、エイドの位置となり、トレイルへのル-プ起点になるので、完走すると10回通ることになる。

この稲子湯前からトレイルに入れるが、発表されている地図では少し舗装路を走ってからトレイルへ入る。稲子湯の位置が違っているので、いくつかあるトレイルヘッドのどれだかは確定できない。当日はマ-カ-や誘導に従えばよいだろう。

 

image

ここから本格的なトレイル区間となるが、問題が発生。発表されているコ-スル-トは、確かに国土地理院の地形図には存在する。しかしながら旺文社の山地図には存在しない。そして太線の軌跡は今回、道標に従った踏み跡がもっとも顕著な安全なル-ト。以下を参考に。

国土地理院の地図にGPSデ-タを落としたもの

国土地理院の地図にGPSデ-タを落としたもの

山と高原地図にGPSデ-タをおとしたもの

山と高原地図にGPSデ-タをおとしたもの

主催者発表の地図

主催者発表の地図

主催者発表の地図だと、シャクナゲ尾根から一旦、沢方向に下りて、西方向へ沢沿いを登るのですが、その道を探そうとすると、以下の看板がでる。

image

image

 

踏み跡らしきものはなく、リボンもない。「夏道は~」という表現から、ラッセル用の冬道があるというのか? そこをレ-スで使用するとは思えないのですが….道標どおりに進む尾根道のル-トも、狭く、足元は苔むす岩が多く、白樺尾根への分岐まではほとんど走れない。この区間は予想より時間がかかった。又、滑落すると大きな事故につながる箇所もあるので、夜間走行では注意してほしい。

人がほとんど入らないためか、岩には苔がびっしり。レ-スではなくファストパックで来たいトレイル

人がほとんど入らないためか、岩には苔がびっしり。レ-スではなく登山で来たいトレイル

 

白樺尾根に入ると走れる区間が多くある。踏み後の薄い区間や腰までの藪コギがあるが数百mで終わる。元気なときはいいが、4周5周回目になると、ストレスになるかもしれない。

一部、踏み後が薄い白樺尾根

一部、踏み跡が薄い白樺尾根

image

ここは走れる

 

image

こういうル-トもあったけど、無理でしょ、これは(笑)

スキ-場の山頂に出てみた。

image

藪を避けて、スキ-場の北端に沿って下りたが、主催者発表の地図では、たぶんゲレンデ1枚分、南を通り舗装路へ出る。

天気が良ければ良い眺望が望めるでしょう。

天気が良ければ良い眺望が望めるでしょう。

 

image

山と高原地図にGPSデ-タを落としたもの

image

主催者発表の地図

しっかりとアップダウンのある舗装路で稲子湯へ戻り、山岳部分のル-プが終了する。その後、ふたたび本所温泉入口を経由して、今度は沢沿いではなく尾根沿いの林道へ。途中、数百mがガレているが、すぐに走りやすくなる。脚が残っていれば、快適に走れる区間となりそう。

舗装と林道はゆっくりではるが全部走り、あまり心拍はあげない、いわゆる100マイルペ-スで7時間ほど。最初の1周目の制限時間が6時間、おいおいこれはタフなんじゃないの?

エントリ-している皆様、会場でお会いしましょう。

Have fun and safe trail !

 

麓の温泉は低めの温度でランの疲れを癒すには最高です。

麓の温泉は低めの温度でランの疲れを癒すには最高です。

 


山で死んではいかんずら。

この夏、お世話になったある山小屋のおやじが甲州弁だった。こわもての外見だったが、山の話を始めると、「~ずらあ」と優しい口調になり、口元が緩んだ。説教口調ではなく、やさしく諭すように。下の内容は私の考えなのですが、あのおやじが話すとこんな感じかな、と想像してみた。語尾に「ずら」をつけただけで、正しい甲州弁ではないのですがお許しください。

 

山で遊ぶ全ての者、山で死んではいかんずら。

山は遊ぶところ、死ぬところじゃない。

山での死を美化しちゃいかんずら。

そいつは新田次郎の小説だけでいい。事故には必ず理由がある。そいつは理解されなければいけないよ。運が悪かった、よかっただけで語られるべきじゃない。

事故を起こした者を責めてはいかんずら。

山のリスクは全ての者に平等に存在するから。そして山だけが特別に危険な場所ではない。街中の交通事故、自らが気づかずに進行していた病、目に見えないリスクは生活のあらゆる場所に存在する。むしろ山のリスクの多くは、情報で可視化し、自らの身体を鍛え、体力、知識、装備で最小化できる。恐れるべきものは、目に見えないリスク。それはたぶん私たちの心の中にある。

今日はやめてもいいずら

判断力は最大の装備。条件が揃ったときにまた登ればいい。走ればいい。それまでの準備の時間、アプロ-チ、途中までの行程、それらを同行者と楽しめたなら、それだけで最高の山行ではないだろうか。ランニングレースでも完走を美学に感動の押し付けをするDVDや、タレントを走らせるテレビ番組を私は嫌う。

 

それでもたぶん、私は登る、走る。

 

尊敬するトップランナ-/山岳ガイドを偲んで。

そしてもう一人、トレイルランニングの先輩への弔辞として。

 

image

 

 


ウィルダネスファーストエイド(災害/野外救急法)

ウィルダネス メディカル アソシエーツ(WMA) ジャパン のプロモーションビデオ(リンク)

2日間、20時間のカリキュラム(WFAベーシック資格)のトレーニングを受けてきました。最後には学科、実技とも80点以上の認定が必要になります。

(写真は一時利用に限られるため、アクセスがオープンであるブログには制限がありますのでご容赦ください。様子は上のリンクの動画をご覧ください)

ウィルダネス(Wilderness)の元の意味は、北アメリカ大陸をヨーロッパ人が東から開拓していき、その開拓が及ばなかった土地を、ウィルダネスと称しました。現在では、国立公園や、国立森林公園など、特別に管理保全されたエリアを指して、ウィルダネスと称しています。このファーストエイドで使用するウィルダネスという言葉の意味を理解すると、私たちトレイルランナーに必要なものであることが確信できます。

一般の都市部で、119番通報から、救急車が到着するまでの平均が8分、病院に着くまでが約30分だそうです。普段受けられる、会社、地方自治体での救急法の講習はこの時間軸が原則なのですが、私たちが行動する山の中はどうでしょう?山小屋の前ならば、ヘリ到着まで数十分、病院搬送までも時間はかからないでしょう。つまりそこは都市部と変わらず、「未開の地」ではないわけです。ただし、一旦トレイルに入れば、救命士に引き継ぐまでどれくらいの時間がかり、医師による治療が受けられるのは何時間後か、そしてその搬送方法が限られること、それを考えての救急法なのです。つまり、今、なにが致命的なリスクなのかを評価し、処置の優先順位を決める際に、上記の時間軸が大きく関わってくるところにあります。その点が都市部で受けられる救急法の講習と異なる点であり、私たちトレイルランナーが理解し、身につけておくべきものだと思うのです。

実技演習で演技者のメイクの血がついた手袋、かなりリアルで緊張感がありました。

実技演習で演技者のメイクの血がついた手袋、もちろん感染症を防ぐために裏返す。かなりリアルで緊張感がありました。

座学は外傷や疾病といった一般的な知識のみならず、呼吸器系、循環器系といった専門的な知識も学びます。なぜそこまで必要なのかは、実技演習をするとわかるのですが、身体の構造と反応の仕組みを理解することで、はじめてとるべき手法と順番が決定できるわけです。ただ単純に、方法論として丸暗記しても、実技では全く役に立たないということがよくわかりました。使わないことを願うスキルと知識ではありますが、本当に受講してよかったと思います。

座学と実技演習を順番に繰り返すことで、傷病者がどのように変化しても対応できるような応用力が初めてつく

座学と実技演習を順番に繰り返すことで、傷病者がどのように変化しても対応できるような応用力が身に付くのだと思う

座学の冒頭には法律論も学びます。ウィルダネスメディカルアソシエイツではベーシックのWFAでさえ、2つの医療プロコトルが含まれ、それは日本の法律において、どのような位置づけで、なにが問題となるのかも理解しなければなりません。プロの救命士でさえ、限定的な医療行為が行えるようになったのは、最近のことであるのは医療従事者の方ならご存知かと思います。

野外実技はヘッドライトを使って夜間にも行われました。屋内で座って脈拍をとることは誰にでもできると思うのですが、雨の中、野外の傾斜地でヘッドライトの明かりで、自分のストップウオッチを使い、さっと脈拍をとることができるでしょうか。そんな基本的なことでさえ経験をしていないと、あわあわと慌ててしまい上手にできないものなのです。またこのWMAはTJARのサポートに協力しており、2日目の演習シナリオにTJARの選手が倒れているというものがありましが、ちょうど私は演技者の役割でしたので、リアルな演技ができたと思います(笑)

image

よく私も使うのですが、「トレイルを共有する」というフレーズを最近よく聞きます。共有するのは楽しいことだけでなく、その背後にあるリスクと、事故が起きた時に助け合うことも、ということを気づかせてくれたのも1つの収穫でした。ハイカー、トレイルランナー、クライマー(全員が登山者)の隔てなく、目の前にある「命」はつなぎたいと思うのは当然ですね。

今日もHappy & Safe Trail !

 


「クライマ- パタゴニアの彼方へ」 

8/30公開の「クライマ- パタゴニアの彼方へ」を観た雑感。

オフィシャルサイトより

オフィシャルサイトより

FBへ投稿しようと書き出したが、少し長くなるのでブログへの投稿になりました。

まず山に行かない女性と一緒に見られるような映画ではないですね。どんびきでしょう(笑)ただ、ヘリによる空撮が、圧倒的に美しい。そこらへんを居眠りせずに楽しめる女性なら大丈夫かもしれません。まあ、結構いますかね、自分の周りには(笑)それとインドアボルタリングでも経験のある人なら、その高さでそのホ-ルドでそのム-ブ(動き)かよ!と突っ込みたくなるようなシ-ンがいくつも出てきます。

全体として根底に流れているコンセプトは、一部の批評が書かれているような「あきらめない」とか、「挑戦」とかそういうスポ根美談物ではないと思います。見どころは、デビット・ラマがクライマ-として成長していく姿。天才少年として早くから注目を集め、ボルダリングワ-ルドカップのチャンピオンが「成長」というのもおかしな話なのですが、チャンピオンといっても、それはインドアでのスポ-ツクライミングでの世界。競技スポ-ツであるスポ-ツクライミングでは、ルールやコンディションが公平に、かつ明確になっているのに比べ、登山を含めて、自然を相手にするクライミングの世界では、天候はどうすることもできず、適切なタイミングを待ち続けるかしかない。また人工的なものを使う使わない、あるいはどこまで使うといった登攀手法は自分で決めて、それをル-ルとして自分で従うということ。そうしたものと向き合っていく姿が予告編やトレイラ-動画にある「登頂は無理かもしれない」という彼のセリフに象徴されている。むしろ、この瞬間から本当のクライマ-としての道がはじまったと彼自身が語っています。(字幕ではアルピニストという訳だったかな?)彼のようなトップクライマ-はその結果に対する評価が他人や世間によってきめられてしまうのですが、私たちのような一般人ではそういうことはなく、どういうプロセスと結果であれ、自分が納得できることが一番ではないかと思うところ。
みなさんは自分に置き換えるとどうでしょうか? 山を走ることにも共通するものはあるように思えますよ。

スト-リ-的なものはネタバレなので書きません。ただ、自分のようにクライミングを少しかじった人ならば理解できるのですが、全く知識のない人だと少し混乱するだろうなというのが、フリ-クライミング、クリ-ンクライミングに対する考え方。難しいクライミング用語が多い中で、下記のサイトのリンクは比較的平易な説明でしたので、映画館に行く前にちょっと予習していくといいかもしれません。

パタゴニア社
http://www.patagonia.com/jp/patagonia.go?assetid=6654

用語集
http://lance2.net/tozan/z699.html

個人の方のブログ
http://ishidatozanjukunisshi.blogspot.jp/2013/07/blog-post_30.html

簡単に言えば、岩をできるだけ傷つけないということと、安全確保とのバランスをどうとるかということ。トップクライマ-と、一般のクライマ-ではその手法とレベルは違うのも当然ですが、根底にある考えは同じだと思います。こういう映画をみると、どうしてもイケイケでリスクを取りたくなるかもしれませんが、彼とて3年かかったのは、安全に対するマ-ジンだと言い換えられると思います。

さて今月もHappy and safe trail !