世界で最もハードなレース

「世界で最もハード」と言われるレースはいくつかありますが、アメリカやヨーロッパのトレイルランナーに聞いたら、その多くがアメリカ・テネシー州で行われる「バークレイ・マラソンズ/The Barkley Marathons」を挙げるのではないでしょうか。

このバークレイ・マラソンンズのドキュメンタリー・フィルムが、トレイル・ランニング・フィルム・フェスティバルで上映されるということで、観てきました。アメリカ西海岸では初上映だそうです。

トレイル・ランニング・フィルム・フェスティバルはシアトルを皮切りに今秋全米各都市で開催されます。


でもって、このレース・・・ホントにヤバい。

1986年に初開催されてから延べ約1000人が参加していますが、これまでの完走者はたったの14人(うち2人が2度完走)。つまり完走率は1%台。年に一人完走者が出ればいい方という凄まじいレースです。

エントリー方法からして特徴的で、「なぜ私をバークレーマラソンズにエントリーさせなければならないか」について書いた作文によって選考され、数百人のエントリー申し込みの中から40人程が出場権を獲得します。

出場権を得た人はレース受付時に出身地の車のナンバープレートなどを持参し、これらと引き換えにゼッケンを受け取ります。ナンバープレートはスタート地点にずらりとぶら下げられます。

そして肝心のレース概要はというと…

  • コースは(一応)20マイルのコースを5周、全長100マイル。ただし毎年微妙にコースは変わっていて、かつ実際の距離は謎、というか実際はもっと長いらしい。
  • 制限時間は60時間。
  • 累積標高は16500メートル(=エベレストふたつ分)。
  • 5周のうち最初の2周は時計回り、次の2周は反時計回り、最後の1周は、1位の人は自分の好きな方向に、2位以降の人は前の人とは逆周りに走る。ちなみに、3周(60マイル)まわることを「ファン・ラン」と呼ぶ。
  • エイドステーションはなし。ウォーターステーションが二箇所のみ。
  • コースマーキングもなし。スタート前にコースが記された地図を確認し、そこに書かれた内容をもとに自分の地図に情報を書き込む。この地図とコンパスとGPSを頼りに進む。
  • コース上には約10冊の本が置かれており、各ランナーは正しいルートを走った証拠として、それぞれの本のゼッケンと同じページを破って持って帰ってくる必要がある。
  • いつ吹かれるかわからないレースディレクターの法螺貝の音がレーススタート一時間前の合図。夜かもしれないし、朝かもしれない。
  • レースディレクターがタバコに火をつけるのがスタートの合図。
  • リタイアすると、戦死者を弔うのに倣ってトランペットが吹かれる。

予告編を見ただけでもこのレースがいかにきついかがわかる映像ばかり。傷だらけの脚や、疲労や睡眠不足で朦朧とした表情、斜面を登りそこねて滑り落ちる人、転んで頭から血を流す人、コースを見失い命からがらやっとのことでスタート地点へと戻ってくる人、疲れ果て、精根尽き果てて戻ってくる人などなど。参加者が次々とレースから脱落していく様は壮絶です。

そしてレース模様の合間合間に挿入される、レースの創設者かつレース・ディレクターのガリー・キャントレル/Gary Cantrellのユーモアに溢れつつも不敵に語る表情は、山の主にも悪魔にも見えてきます。

こんなレース、私は絶対に出る気になれません。だって、はなから絶対辛いにきまってますから。

ちなみに、丁度この週末、本家バークレイ・マラソンズの簡易版「バークレー・フォール・クラシック」が開催されます。こちらは本家と違ってちゃんとコースマーキングしてあるし、エイドステーションもある50キロのレース。コースも被っているとのことで、本家の雰囲気が味わえます。棘だらけの藪も走るので脚は傷だらけになるようですよ。簡易版の方なら、怖いもの見たさで私も出てみてもいいかなぁ。そして、この簡易版の優勝者はバークレイ・マラソンズの出場権を与えられるとのこと。

勇気のある方、ぜひバークレイ・マラソンズにチャレンジしてみてはいかがでしょう?


世界で最もハードなレース” への2件のコメント

  1. ピンバック: 生ける伝説、登場 〜 Yakima Skyline 50k | パシフィック・ノースウェスト通信

  2. ピンバック: 夢の死にゆく場所 | パシフィック・ノースウェスト通信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>